理事のブログ始めました!(徳永)

みなさま、暑中お見舞い申し上げます。

夏にピッタリの冷やし中華始めました・・・

 

ちゃうちゃう!

理事たちの活動や日常考えていることなどを

綴ったブログを公開することになりました!

 

まず、トップバッターは

大阪在住 踊る保健師の徳永京子です。

 

昨日ね、「医療現場に必要な手話」というセミナーをやってきました。

いつもは講師は私ひとりなんですが、

聴力障がいかあると、どんなことに困るか

どんな支援を望んでいるか、

当事者の声でつたえてほしいと思ったので、

娘を連れて行って、一部講座を担当してもらいました。

娘の聴力は100を越えていて、

私たち親子のコミュニケーションは手話です。


受付で名前呼ばれてもわからない、

医者によっては、筆談を面倒くさがる人もいる、

通訳を同伴すると、医者や看護師は

通訳とばかり話すので、取り残されたような気持ちになること、

など、当事者のことばで伝えてくれました。


手話が使える医者や看護師がいたらいいけど、

そこばかりを、望んでもむずかしいことは、

聴力障がい者にもわかってるんですよ。


手話をマスターする、しないよりも、

お互いがわかりあえる

コミュニケーション手段を

一緒にさがすという姿勢が大事。

聴こえないとどんなことに困るか、

どんな工夫をすれば、分かりあえるか、

思いやりは想像力でもあることを

理解してもらえたら、

医療現場に必要な手話入門編としては成功です。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Renee Bensinger (金曜日, 03 2月 2017 08:17)


    Good way of telling, and good post to take facts concerning my presentation subject matter, which i am going to deliver in university.

看護師・精神保健福祉士実施者養成法定研修

当協会の活動がわかる
メルマガJHNAレター
1/月配信中(登録無料)