開業に必要なワンポイントレッスン

メルマガに掲載された連載ビジネス講座を格納しています。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.ビジネス講座-「陸王」に学ぶ商品開発のプロセス

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「開業」という言葉が気になりだしたら、

まず必要なのは、自分が大事にしたいことは何か?

そして、何を商品にするか? つまり、自分の商品づくりが大事なのです。

 

特に私たち保健師は、最初から形があるものを売ることは少なく、

今までの経験や、自分が大事にしているものを

探して、練って、バージョンアップして、商品化することが必要です。

 

商品をつくりあげる準備期がもっとも大切なのですが、

それは、一銭の儲けにもならない試行錯誤を繰り返しの時期でもあります。

時には、早く稼げるようになりたいという焦りから、

自分の思いとは違うけれど、お金に換わり易いことをやってみたり、

いくつも仕事をかけもちして、何がしたかったのかわからなくなったり。

しかし、その数ヶ月~数年をどう過ごすかで、その後の事業展開が決まります。

 

自分の商品は「これだ!」と確信できるまでの試行錯誤の時期を

どうすごすのか?

モチベーションをどう保つか、それが仲間の存在なんだと気づかせてくれたのが

昨年の秋~冬のドラマの「陸王」でした。

 

老舗の足袋製造業「こはぜ屋」が足袋業界の先細りを何とか解消しようと

マラソン用の靴を開発する物語「陸王」

 

足袋のように足にフィットし、軽くて、まるで素足のような感覚で走れて、

しかも怪我しにくい靴 商品名を「陸王」と名づけ、

応援するマラソン選手に履いてもらいたいという社長の思いに共感し、

こはぜ屋の社員が一丸となって取り組む姿や、

陸王にかける情熱に、心動かされ、どんどん協力者が集まる姿に

商品開発は「物」ではなく、「人」なんだと、改めて確信しました。

 

この人のために、このことのために、実現したい夢がある・・・

その熱い思いを分かち合い、応援し合える仲間の知恵と力と、

そして、必要な資金も含めて、

どれだけ集めることができるかが、商品開発の要なのかもしれませんね。

 

そこで、まず、この大切な商品開発の時期にやっておくべきことは

「自分のやりたいこと、実現したい夢をできるだけ多くの人に話す」ということ。

医療保健業界の人ばかりではなく、まったくの一般人にも話してみることです。

当然ながら、色んな反応があるでしょう。

否定されることもあるかもしれません。

でも、それが商品の練り直し、ブラッシュアップにつながります。

 

そして、本当の理解者を自分の周りに作っていきましょう。

開業してからの「力」になってくれるはずです。

 

しかし、池井戸潤 良い小説書きますね。

「半沢直樹」「下町ロケット」「陸王」・・・

 

ビジネスの真髄を教えてくれます。    (徳永京子)

〒106-0032 東京都港区六本木7-8-5-506   日本開業保健師協会

協会事務局へのアクセス

日本開業保健師協会主催のイベントや理事が主催する研修の予定


イベント:研修等のお問い合わせはこちら


当協会の活動がわかる
メルマガJHNAレター
1/月配信中(登録無料)


    ブログ

ワクワクを仕事に!
私たち開業保健師です。

facebook

Twitter


© 2013  JHNA