村田陽子開業物語

会長 村田陽子 ビーイングサポート・マナ 代表取締役社長

2001年11月NPOまなネット設立。理事長

 

北海道立衛生学院保健師課卒業後産業保健(朝日新聞、㈱HOYA、日経BP社)現場で実績を積み、1990年に個人事業主「独立した保健師」になりました。当時、開業保健師としての働き方は理解されませんでした。
 1995年に「有限会社 ビーイングサポート・マナ」を、2000年にはNPOまなネットを設立。「生き方を援助する健康教育」という視点で、単なる疾病予防でなく、人生の質を高める基盤としての健康づくりを行うために、「保健医療従事者向けのセミナー」「健康に関する講演」「地域や企業、健保の事業支援」を実施。更にはコーチとして個人をサポートしています。
 「自己決定を援助する保健指導」というセミナーコースの受講生は2000名を超え、「主体的に参加する健康教室ファシリテーターの勧め方」コースは1000名を超えるまでになりました。全都道府県に伺い、この20年、セミナー、講演、出会った看護職の方の数は年間500名〜2000名。数えきれない出会いに感謝です。
 保健師さん、従業員とのコミュニュケーションから「心を元気にするコミュニュケーション」へと発展。某企業で10年にわたる管理職研修を行い、メンタル不調者抑制、管理職のスキルアップにつながっています。
 「自己決定」「生き方支援」のキーワードから「マイライフノート(エンディングノート)作成から自分の健康、生き方を考え行動する。最後までその日とらしく生きる事のお手伝いとして、市民後見人活動へと広がっています。
現在、㈲ビーイングサポート・マナ代表取締役。NPOまな市民後見セーフティーネット理事長。社会福祉法人伸こう福祉会監事。
 すべての人が「しあわせ」思って過ごせる日々を作り出すお手伝いをしています。

<開業保健師の活動紹介>

No.1 はじめに ‐開業保健師協会の役割‐

No.2 保健師は開業できるのか?

No.3 開業に向けて ‐開業準備や時期について ‐

No.4-1 ワンコイン健診の挑戦(ケアプロ株式会社)

No.4-2 ワンコイン健診利用者40万人の素顔(ケアプロ株式会社)

No.4-3 保健師が変えてはならないこと、変えていくこと(ケアプロ株式会社)

No.5-1 民間からの提案「ゆりかごタクシー ~命をつなぐ協働リレー~」(ナーシングクリエイト株式会社)

No.5-2 ベビー防災「災害時の自助・共助・民助の普及に向けて」(ナーシングクリエイト株式会社)

No.6 Dream Seedがめざしているもの(株式会社Dream Seed)

No.7-1 開業を決意するまで(エルイーシー合同会社)

No.7-2 開業してから(エルイーシー合同会社)

No.8-1 事業所外から中小規模事業場を支援するモデルづくりを目指して(株式会社ヘルス&ライフサポート)

No.8-2 中小規模事業場の健康経営に開業保健師が如何に寄与できるか挑戦中(株式会社ヘルス&ライフサポート)


〒106-0032 東京都港区六本木7-8-5-506   日本開業保健師協会

協会事務局へのアクセス

日本開業保健師協会主催のイベントや理事が主催する研修の予定


イベント:研修等のお問い合わせはこちら


当協会の活動がわかる
メルマガJHNAレター
1/月配信中(登録無料)


    ブログ

ワクワクを仕事に!
私たち開業保健師です。

facebook

Twitter


© 2013  JHNA